長時間同じ姿勢でいる

同じ姿勢でい続けると、筋肉が強張ってしまいます。日頃、同じ姿勢を続ける人には肩こりが多いものです。座りっぱなしの事務仕事だったり、パソコン作業の多い仕事など、仕事柄肩こりになってしまうことも。それに加えて、常日頃スマホを使っていると、気づかないうちにずっと同じ姿勢だったりしますよね。このような生活スタイルにある人は、腕を回したり伸びをしたりして、意識的に肩回りを動かすと良いでしょう。

視力が悪い、目が疲れる

視力が悪い人や、眼精疲労を抱えている方にも肩こりが多いです。目が悪いと、物を見ようとして姿勢が悪くなってしまったり、目を酷使したりします。目の疲労が溜まると、首や肩の疲労につながりやすく、肩こりを引き起こしてしまいます。自分にあったメガネやコンタクトを作って物を見やすくすることが大切ですし、同時に、目の疲れを溜めないように、目を休めることや目の周りを優しくマッサージすることで疲れを緩和させると良いでしょう。

ビジネスパーソンに多い運動不足

肩こりは、筋肉の硬直によって血液の循環が悪くなった状態です。疲労がたまり、血行が悪くなることで肩こりが引き起こされます。運動のしすぎはかえって疲労が溜まってしまうものの、適度な運動をすることによって筋肉をほぐし、血流を良くする効果が期待できます。

肩こりが辛い、身体の疲れが取れない、という方は、睡眠前の簡単なストレッチから始めてみると良いでしょう。少しだけ早起きして、簡単な体操をしてみることもおすすめです。

肩こり 注射が効果的なのは、神経や血管や神経が原因のときです。こりや痛みがある筋肉や神経に注射をして治療します。