2710月

美容皮膚科でシミ治療を受けることが大事です。

内服薬や外用薬によるシミ治療。

透明感のある白い肌は、女性の憧れですが、加齢や紫外線、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、シミが増えてきたので悩んでいる人が多いです。自宅で美白効果の高い基礎化粧品を使って、お手入れをしている人が多いですが、限界を感じている人も少なくありません。美容皮膚科のクリニックでは、完全個室で一人一人のお肌の状態を診察してくれるので、最適な方法を提案してくれます。比較的小さいシミだったり、数が少ない場合は内服薬や外用薬による治療が中心になります。洗顔後や入浴後などの清潔になったお肌に、外用薬を塗ることでシミを薄くする効果が期待できます。美容皮膚科のクリニックでは、安全性に優れており、お肌に負担の少ない医薬品を取り扱っています。

大きめのシミにはレーザー治療が有効です。

シミが増えてきて悩んでいる人は、美容皮膚科のクリニックに通院をして、内服薬や外用薬を続けている人が多いです。内服薬や外用薬は根気よく続けていると、シミを薄くする効果がありますが即効性はありません。直径が5mm以上の大きなシミや、妊娠、出産などを経験して肝斑が出来てしまった人には、レーザー治療や炭酸ガスレーザーによる治療が受けられます。肝斑は老人性色素班に比べると、レーザー治療の効果が出にくいと言われていますが、炭酸ガスレーザーのシミ治療は、肝斑を薄くしたり、目立たなくする効果が期待できます。シミの形状によっても最適な治療法が違ってくるので、まずは診察を受けることが大事です。レーザー治療は基本的には保険適用は受けられなくなっています。

市販されている美顔器は小型で3万円弱から販売されています。シミ取り効果も高くて女性の間でとても評判です。