2610月

脂肪溶解注射は脂肪細胞の数を減らせます。

脂肪溶解注射は体に負担が少ないのが特徴です。

30代、40代と年齢を重ねると代謝が落ちてくるので、食べる量が増えていなくても、太りやすくなったと感じている人が多いです。自己流のダイエットでは一時的に痩せることが出来ても、すぐにリバウンドをしてしまうと悩んでいる人が少なくありません。美容外科のクリニックの痩身に関心を持っているけれど、従来の脂肪吸引はダウンタイムが長いので、抵抗を感じている人も多いです。脂肪溶解注射は顔やお腹、ウエスト、お尻、太ももなどの脂肪が気になる部分に、専用の薬剤を注射器で注入することで、体外に脂肪を排出させるので部分痩せをしやすくなります。脂肪細胞の数を減らせるので、自己流のダイエットに比べると、リバウンドがしにくいなどのメリットがあります。

脂肪溶解注射は腫れや内出血が少ないです。

筋肉量が少ない人は、代謝が落ちて太りやすい人が多いですが、従来の脂肪吸引はメスで切開をする必要があるので、多少の傷跡が残ることもあります。脂肪溶解注射はメスで切開をする必要がなく、気になる部分に薬剤を注射器で注入する方法なので、傷跡が残る心配はありません。痩せたい部位によっても、薬剤の量などは違ってきますが、施術時間も10分から、15分程度なので、体に負担が少ないのが特徴です。適正体重を維持するためには、摂取カロリーを抑えたり、適度な運動をすることが大事です。脂肪溶解注射はリバウンドが少ない、痩身の方法なので激しい運動を行う必要がないのが特徴です。腫れや内出血も少ないので、仕事や育児で忙しい人にお勧めです。

脂肪溶解とは脂肪を溶解する成分を注射を用いて痩せたい部分に投与し、サイズダウンを可能にする治療法です。