姿勢の悪化は腰痛に繋がる

辛い腰痛に悩まされている人はたくさんいます。症状が悪化すると腰がただ痛いだけではなく、起き上がることさえ困難になる場合もあります。腰痛の原因は様々ですが、その中でも日ごろの姿勢が大きく影響していると言われています。本来人間の体は、正しい姿勢を保っていれば頭や上半身の体重は上手に分散されるようになっています。しかし猫背のように体が丸まってしまうと頭や上半身の体重が分散されず、腰に直接伸し掛かってしまうのです。腰に負担が長期間掛かり続けると次第に腰周辺の筋肉が硬直し、腰痛の原因になってしまうのです。さらに症状が進行すれば坐骨神経痛やぎっくり腰などになってしまうこともあり、日ごろの姿勢の悪さが重い腰痛の原因になることをしっかりと理解しておかなければなりません。

ほど良い筋力と柔軟性が重要

まず、正しい姿勢を保つためには、腹筋や背筋の筋力が必要になります。腹筋や背筋の筋力が強化されれば背筋を伸ばした状態を保つことが楽になり、さらに頭や上半身の体重を支える効果もあります。次に、腰の筋肉の硬直を予防するには、股関節の柔軟性も重要です。股関節の柔軟性が維持されていれば骨盤周りの筋肉の可動域が広がります。骨盤に付着している腰の筋肉も可動域が広がって運動しやすくなるため、硬直予防に効果があるのです。このように腰痛を予防するには毎日の生活習慣を少しだけでも見直すことが重要です。姿勢や柔軟性など少し気を付けるだけで、動けなくなるような重度の腰痛は防ぐことができるでしょう。

腰痛 注射の代表的なものは、炎症を起こしている部分に直に麻酔薬を注入して神経を遮断し痛みを和らげる神経ブロック注射です。