遺伝子と肥満には大きな関係がある

肥満治療の方法にはさまざまなものがあります。それが遺伝子検査に基づいた治療法です。肥満と遺伝子には相関関係があることがわかっています。最新の医学研究によると肥満の原因のほぼ半分は遺伝子が関係していると言われています。そのような肥満に関わる遺伝子の数はたくさんあり、その遺伝子によって肥満の種類も決定されます。代表的な肥満のタイプは3種類です。1つ目はりんごタイプです。これは内臓脂肪が身につきやすい遺伝子を多く保有していて、炭水化物をよく食べる人に多いタイプです。2つ目は洋なしタイプです。これは太ももなどの下半身に脂肪がつきやすい遺伝子によって起こるタイプです。脂質が多く含まれている肉類が好きな人に多く見られるタイプです。3つ目はバナナタイプです。これは太りにくいですが、その逆に痩せにくい遺伝子を持っている人に見られるものです。魚や野菜をよく食べる人に多いです。ちなみに、肥満遺伝子の影響がない肥満もあります。これはアダム・イブタイプといいます。不規則な生活習慣や食生活によって肥満になる人に多いです。

遺伝情報を知って有効な対策ができる

肥満のタイプを見てどのような遺伝子が関係しているかをあらかじめ想定してから、遺伝子検査を行ってその人の肥満の原因になっている遺伝子を特定していきます。遺伝情報というのは生まれてから死ぬまで同じなので、遺伝情報を知ることで原因と解決方法を明確化することができて、肥満の有効な対策や肥満の再発を防止する治療が可能になるというわけです。興味のある人はどの種類の遺伝子を持っているか病院で受けてみましょう。

肥満治療は、血液の各数値を下げるための投薬・栄養管理・運動療法等が実施されるのが一般的であり、医師の監修の元で数か月にわたって実施されます。